logo Welcome to 花崎しの・富志乃清愁 Official website


  bar

 image-bar

logo  地唄舞・地歌とは


ume 花崎流地唄舞とは

花崎流は「凛とした潔さ」「柔らかな中にある鋭さ」「削がれた中にある美」を特徴とする「東京の地唄舞」を自負する流派です。

地唄舞は江戸時代から女性の嗜みとして発達してきました。お座敷で一人で舞う舞ですが、現代においては舞台芸術としての側面も大変重要です。地唄舞 は神経を研ぎ澄まし身体の隅々まで動かしますが、タンデンを上手に使うことによって膝や腰に負担なく舞うことができるので、幅広い年齢層の方に楽しんでい ただける舞です。また呼吸法を取り入れることにより表現の幅も広がります。

心を穏やかに真摯に舞うことで内なる美が溢れ、心を表現することのできるとても奥深く美しい舞です。

  photo




ume 地歌とは

主として上方地方を中心に伝承され発展してきた三味線音楽の一種で、生田流箏曲と密接に結びつき、家庭音楽として普及してきたものです。

現在、主奏楽器は「三絃」と称する長唄三味線よりやや太めの棹の、鳩胸の角張った三味線に鉛駒を掛けて用い、「津山撥」と称するやや大型の撥で演奏します。地歌は唄とも書き自分たちの土地の唄という意味とも、踊の地(伴奏)という意味ともいわれています。

    sample










   お稽古場情報 参照

















































Welcome to 花崎しの・富志乃清愁 Official website