logo Welcome to 花崎しの・富志乃清愁 Official website


  bar

 image-bar

logo  地唄舞・地歌とは


ume 地唄舞とは

地歌の伴奏に合わせて舞う舞のことで、歌舞伎舞踊等のような華やかな舞台芸術とは対照的に、衣裳や舞台装置等を極力抑えた舞です。本来お座敷で舞われていたため狭い空間で舞うことができます。

ゆっくりした動きの中に込める感情、息づかいで見ている方に広い世界を感じてもらうことができる奥深い舞です。

身体を使い、心(内面)を表現します。身体を正しく使えば腰や膝に負担なく、体幹が自然と鍛えられるので、健康維持・ダイエットにも効果的で、幅広い年齢層の方に楽しんでいただける舞です。

  photo




ume 地歌とは

主として上方地方を中心に伝承され発展してきた三味線音楽の一種で、生田流箏曲と密接に結びつき、家庭音楽として普及してきたものです。

現在、主奏楽器は「三絃」と称する長唄三味線よりやや太めの棹の、鳩胸の角張った三味線に鉛駒を掛けて用い、「津山撥」と称するやや大型の撥で演奏します。地歌は唄とも書き自分たちの土地の唄という意味とも、踊の地(伴奏)という意味ともいわれています。

    










   お稽古場情報 参照

















































Welcome to 花崎しの・富志乃清愁 Official website